TITLE

最終更新 2016年8月20日

Tweet

へんてこ.co.jp!

今年で14年目、平常通りの独自路線。

ここはなんでもアリの「へんてこ」なページです(厨臭さがいいだろう)。
ただいまこのページは気が向いたとき(月に1、2回程度)に更新しています。
作者は多忙まれに暇人なため、あまりホームページの更新ができませんが、モニタの前の変人さん、これからもへんてこ.co.jp!を応援してくださいね。

Regardless of their position, there is equally no meaning of the lives.

雑記(ネタとか独り言とかいろいろ、新しいものは上に書き足しています)

電子機器の特集のページを更新しました。

Q&Aのページを更新しました。

Disable Peak Limiter in Windows Audio EngineをVer 1.1に更新しました。
今回のバージョンアップではWindows 10対応と、コマンドラインでピークリミッターの閾値を変更または常時無効化する機能を追加しました。
Windows Vista以降のサウンド出力に強制的に適用される、音質劣化の原因の一つであるピークリミッターを無効化します。

Dithering Settings for Intel GraphicsをVer 1.5に更新しました。
今回のバージョンアップではGPUの動作周波数を固定する機能を追加しました。
Ivy Bridge世代以降のIntel製グラフィックスを搭載したノートパソコン上で、ディザリングの設定を変更し、画面の画質を向上させるものです。
通常のディザリングでは中間色を表示する時に斑点模様が見える場合があり、ディザリング方式を変更することでこの斑点模様を見えないようにし、それにより滑らかな諧調表現を得られるため画質が向上します。

Alternative MIDI MapperをVer 1.1に更新しました。
Windows Vista以降で削減されたMIDIマッパー機能を補い、さらにコントロールパネルにその設定を追加します。
またMIDIマッパーのユーザーモードドライバとしても動作するため、標準のドライバが機能しないWindows 8以降でも使用できます。

Desktop Icon Arrangement ManagerをVer 1.1に更新しました。
今回のバージョンアップでは、Windows 8および8.1に対応し、さらに日本語環境以外での英語表記を追加しました。
デスクトップ上に配置したアイコンの位置を保存し、解像度の変更などによって移動された後も元の位置に復元します。
従来のソフトでは対応しなかった角括弧「[]」から始まる名前や、フォルダやショートカットなどによる重複する名前にも対応します。

現在コンピュータやスマートフォン、MP3プレイヤー等、様々な機器のオーディオ出力でI2C信号を生成するための基板とソフトウェアの制作を予定しています。
これにより各種マイコンにあるような入出力端子を持たない機器(SHARP Brain等)で小さな液晶パネルやモータードライバ等のちょっとした機器の制御ができるようになります。
詳細はTwitterで随時報告していますので、興味のある方はどうぞ。

ご不便をおかけしますが、ホームページを移転しました。
新しいアドレスはhttp://kawamoto.no-ip.org/henteko/です。
ブックマークしている方やリンクを張っているサイトの管理人の皆様には、お手数ですが再度このページを登録してくださいますようお願いいたします。

Window's Background Ver 1.0を公開しました。
Windows Vista/7のアクティブなウィンドウを不透明化し、さらにウィンドウ枠の背後に色を付けることで識別しやすくします。

UEFI Shell with Variable Editor 2010 SR1 UP1 P1 Rev 1を公開しました。
UEFI Shellをベースにコードを一部修正し、BIOSの設定等が格納された変数を編集する機能を実装した、上級者向けのツールです。

スマートフォンを購入しました。
今後Android OS用のフリーソフトも作って公開するかもしれません。
とはいえ現在は物理的(地理的)に忙しく、開発に使える時間があまり無いため、期待はしないでください。

パソコン小技集を更新しました。
Twitterでつぶやいた小ネタ等を軽くまとめてみました。

File Splitter for Web Servers Ver 1.0を公開しました。
1個のファイルサイズに制限があるWebサーバー上で、その制限を回避するためのCGIの生成とファイルの分割を行うものです。
サーバー上でファイルが自動的に結合されて1個のファイルのように扱われ、分割前と同様にダウンロードすることができます。

Direct3D Capture Benchmark Ver 1.0を公開しました。
圧縮しにくい映像をFrapsやDxtory等のビデオキャプチャソフトに記録させることで、ビデオキャプチャソフトの性能を比較することができます。

Task Switcher for SHARP BrainをVer 1.8に更新しました。
今回のバージョンアップでは、ホットキーに任意のキーを割り当て可能にする機能を追加しました。
レジストリとコントロールパネルの設定の保存と復元、CPU使用率やメモリ使用量などの表示、無操作時のバックライトの輝度の維持、スクリプトによる自動処理機能なども搭載しています。
従来のバージョンと同様、メモリ使用量を抑え、すばやいアプリケーションの切り替えや起動が可能です。
また、付属の画像ファイルを編集することでボタンなどの外観を変更することもできます。

RTC SanitizerをVer 1.2に更新しました。
Mac OS XなどのUNIX系OSとのマルチブート環境において、Windowsのシステムの時計が狂う現象を修正します。
Windows NT系列では他のOSと協調するためにレジストリの設定でリアルタイムクロックが示す時刻を世界標準時として扱うことが可能ですが、Windows XPやWindows Vista SP1以前ではこの機能の実装が不完全なため、スリープからの復帰やインターネット時刻サーバーとの同期で時刻が不正確になる現象が発生しましたが、このソフトを使用することでそれらの現象を解消することができます。

このサイトを設立した時からお世話になっていたFFFTPの開発が終了してしまったため、SourceForge.JPで開発の継続を手伝わせていただいています(今のところ殆ど私一人でコードを書いているが…)。
SourceForge.JP FFFTPプロジェクトでは開発中のテスト版なども配布しています。
ちなみにこのサイトは上記の開発中のバージョンのFFFTPで編集されています。

SHARP BrainでのEBPocketの起動方法のPDFファイルを公開しました。

現在公開しているBrain用アプリの一例↓



Q&A このサイトについて
川本 優/だくだく